--/--/-- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009/07/10 18:09

いしかわ産業人材構想

「いしかわ産業人材構想」 次世代人材部会の第1回目の会議が
石川県庁で行われ、委員として参加して参りました。

議題は、
①石川県産業・企業の魅力発信について
②若者の理工系離れの防止について
③グローバル化が進展する中で若者に求められる能力について
④教育機関や支援機関の役割について

私は、さくらノートの取材を通して気付いたことを、意見として述べさせて
いただきました。(以下、要約して紹介します)

・もし、「モノづくりの魅力」について、子供から聞かれたら、
 自信をもって語れる大人がいますか? 

・技術習得をめざし、毎日放課後、練習に励む工業高校生の話。

・進路選択のプロセスに関して

 中学→高校進学  工業系に進む生徒の動機づけについて。
             興味よりも、成績によって決められていないか?

 文系or理系選択  何をもって判断するのか? 分ける意味はあるのか?
             将来の職業にまでつなげて指導することが必要ではないか?
 
 高校→大学進学  一般的に、「理系だったから」というだけで、工業大学に進む
             ケースが多い。
             成績で学部が決定する場合も多く、入学した学科の授業内容に
             自分の興味がついていかないと、入学後に迷う学生が多い。

・ファーストインプレッション、興味の持続、将来へ繋げるアドバイスが必要

             例えば、技術家庭の時間にハンダづけをしたり、ラジオをつくっ
             たりする最初のものづくり体験で、どう興味を持たせるか?

             工業高校ってこんなに面白い。もっとPRを。
             理工系の大学に進むなら、当然、工業高校を卒業したほうが
             有利だという認識づくり。

             将来、つながっていくであろう仕事について、具体的にイメージ
              させてやれるか?→コーディネータの役割




子供の数は、17年間で4割減!限りなく半分に近づいています。
少子化がますます深刻化していく現在、特に地域経済にとって、
若手人材の確保は、死活問題です。

学校、家庭、企業、行政が連携する必要を感じます。
私が、唱えている「郷土愛的キャリア教育」が、やはりこれから
求められていると、皆さんの意見を聞いていて痛感しました。

     
スポンサーサイト

<< まっ青な空にまっ赤なヘリコプター | ホーム | ここは何処? >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

プロフィール

さくらノート管理者

Author:さくらノート管理者
さくらノート
オフィシャル・ウエブサイト
https://sakuranote.net/

―さくらノート発行エリア―
(Authorized)
●さくらノート石川
●さくらノート富山
●さくらノート北海道

さくらノート®は登録商標です。

さくらノート感想フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

さくらノート

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。