FC2ブログ

--/--/-- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2007/10/10 21:52

なんだかなぁー

今日の産経新聞より

‘ほんまに知りたい就活最前線’

 今月になって、就職情報サイトの登録受付や企業説明会が活発化し、いよいよ平成21年度卒業予定者(現大学3年生)の就職活動がスタートを切った。
 
 サントリーは、関西企業では松下電器産業(パナソニック)とならぶ、抜群の人気企業。130人の内定に対し、希望者は1万9000人を超え、倍率は150倍に迫る。
 そんなサントリーでも内定を辞退する者はゼロということはない。中には、大手銀行など複数の内定を持つ学生もいたという。

 サントリー伊藤人事部長はこう語る、
「最近の学生は業種を絞り込まず、イメージだけで企業を選ぶ傾向があります。本来、銀行志向の人はサントリーとは合わないはず。なぜサントリーなのか。そこをしっかりと考えてから受けに来てほしい」
 




僕がかつて、リクルートという会社に勤めていた頃(リクルート事件の真っ只中)、時代はバブル景気を謳歌していた。

 とにかく、どこの会社も人が欲しかった。採用計画を達成するために、たくさんの金をかけた。

 内定者を他の会社に取られないないように、海外旅行に連れて行ったり、高級ホテルのディナーに招待したりと、学生がこぞって接待を受けたという時代だった。

 あの時は確か、ソニー、NTTといったイメージのいい‘カッコイイ’会社が人気だった。

 中小企業もイメージが優先だと、漢字の社名をカタカナや横文字に変える、CIというのが流行った。
 ‘中山太郎兵衛商店’じゃ学生来ませんよって言ったら、‘タロックス’に名前が変わった。
 豪華な独身寮を建て、初任給をつり上げ、無理やり休みも増やした。

 かなり、異常な時代だった。
 「こんなんで本当にいいのか?」その時から疑問に思っていた。

 心配していた通り、そのすぐ翌年ぐらいから新卒の早期退職者が続々と出てきて、
彼らは「第二新卒」とか「新古者」などと呼ばれた。

 職業観もなく、イメージだけで就職を決めた学生は、バブルに振り回される結果となった。

 この新聞記事を読む限り、学生の感覚はあの頃とほとんど変わっていない。
スポンサーサイト

<< 認定を受けました | ホーム | 危機感 >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

プロフィール

さくらノート管理者

Author:さくらノート管理者
さくらノート
オフィシャル・ウエブサイト
https://sakuranote.net/

―さくらノート発行エリア―
(Authorized)
●さくらノート石川
●さくらノート富山
●さくらノート北海道

さくらノート®は登録商標です。

さくらノート感想フォーム

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

さくらノート

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。