--/--/-- --:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008/07/01 22:53

ものづくりのチカラ

ごまかしのきかない加工技術

高級金属部材であるステンレスは、素材がそのまま表面に出る。塗装もできないから、そのまま人目にも触れる。
このステンレスを、まるで精巧な折り紙をつくるように曲げ、‘チグ溶接’という難易度の高い溶接技術でくっつける。この溶接方法は、素材の切り口を溶かしてくっつける技法のため、溶接跡が目立ちにくい。しかし、端と端が100分の数ミリ空いても、溶接できない。

サイズ変更muraki1

例えば、サイコロのような箱を作るとき、それを6面に切り開いた状態の「展開図」というものを最初に設計する。それをステンレスの板からくりぬき、曲げ加工を施すのであるが、紙と違い、金属は曲げると伸び、熱を加えると変形する性質を持っている。そういった歪みも計算した緻密な設計が求められるのだ。

金型を造れば、同じものを正確に大量生産できるのだが、小ロットや一品ものになると、金型をつくるだけで相当な金額となるため、コストを考えると、金型に依らない「手加工」の技術が必要となるのである。

しかし、それを可能にするには設計者から、加工する職人まで、全ての技とチームワークを結集しなければならない。

「正直、外注先は嫌がりますね。口を揃えて同じ仕事はできないって言いますよ。」

大手も参入できない、町工場の技術力。知られざる中小企業の中にこそロマンがあるのだ。


サイズ変更muraki2
スポンサーサイト

<< 親の期待って? | ホーム | 時代のタスキ >>

コメント

コメントの投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 BLOG TOP 

プロフィール

さくらノート管理者

Author:さくらノート管理者
さくらノート
オフィシャル・ウエブサイト
https://sakuranote.net/

―さくらノート発行エリア―
(Authorized)
●さくらノート石川
●さくらノート富山
●さくらノート北海道

さくらノート®は登録商標です。

さくらノート感想フォーム

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事

カテゴリー

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

FC2カウンター

さくらノート

ブログ内検索

RSSフィード

リンク


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。